新宿区西早稲田の多目的空間「トーキョーコンサーツ・ラボ」English

 
問い合わせ

態度と呼応のためのプラクティス|ごろつく息:坂本光太(チューバ奏者)×和田ながら(演出家)

2021年12月29日(水)19:00開演(18:30開場)

▲クリックで拡大

《出演》

坂本光太(チューバ奏者)
演出
和田ながら(演出家)
——
長洲仁美(俳優)
甲田 徹(音響)
小原 花(演出助手)
池田 萠(作曲)

いつ:
2021年12月29日 @ 19:00 – 21:00
2021-12-29T19:00:00+09:00
2021-12-29T21:00:00+09:00

この度、若手・中堅の音楽家を起用する企画シリーズ『態度と呼応のためのプラクティス』を開始します。
個々のアーティストがこれまで積み上げてきた経験値や技術を、自らの内に存在する「態度」と定義し、他分野との協働による「呼応」を通じて、その先の未知なる表現へ向かうための実践(=「プラクティス」)に取り組みます。

第1回目となる今回は、チューバ奏者の坂本光太と演出家の和田ながらによる企画を実施します。
実験的技巧や語りの構築といったそれぞれの表現手法を持ち寄り、外へのまなざし、他者との関係という共通の視点をもった両者による試みをとおして、シアトリカルな手法を含む楽曲や既存の器楽作品の解釈に新たな視座を見出し、また、演劇作品としても音楽的要素を含んだ新しい表現を目指します。さらに、身体や声に着目した作品を多く発表している、作曲家の池田萠による新作の発表も予定しています。

プログラム

Vinko GLOBOKAR: ÉCHANGES (1973)
Charlie SDRAULIG: category (2013-14)*日本初演
池田 萠:身体と管楽器奏者による 序奏、プレリュードと擬似的なフーガ(2021)*委嘱初演
坂本光太/長洲仁美/和田ながら:新作(2021)
*プログラムは変更となる可能性があります。

料金

一般:3,000円
学生:2,500円
*当日会場受付にて現金でのお支払いをお願いいたします。
スムーズなご案内のため、できるだけお釣銭の出ないようご準備ください。

チケット予約・お問い合わせ

東京コンサーツ(Tel: 03-3200-9755 *平日11:00-16:00)

出演者プロフィール

坂本光太|SAKAMOTO Kota
チューバ奏者。1990年生まれ。現代音楽、実験音楽、即興演奏を中心に活動。ヴィンコ・グロボカール作品の社会参与についての研究を行っている。
近年の出演・作品・リサイタルに、「暴力/ノイズ/グロボカール」(BUoY、東京、2020)、『あそびのじかん』関連プログラム「この宇宙以外の場所」(東京都現代美術館、2019)「Looking Ahead vol.3: 無伴奏チューバの半世紀」(eitoeiko、東京、2019)『OPEN SITE 2018-2019「米田恵子(1912-1992)の作品と生涯について」』(トーキョーアーツアンドスペース本郷、2018)など。共著に「音楽で生きる方法」(青弓社、2020)。
京都女子大学助教、上智大学非常勤講師。「実験音楽とシアターのためのアンサンブル」メンバー。博士(音楽)。


和田ながら|WADA Nagara  
演出家。2011年2月に自身のユニット「したため」を立ち上げ、京都を拠点に演出家として活動を始める。同世代のユニットとの合同公演も積極的に企画し、また、美術家や写真家など異なる領域のアーティストとも共同作業を行う。
近年の受賞歴に、「こまばアゴラ演出家コンクール」観客賞(こまばアゴラ演出家コンクール実行委員会、2018)、創作コンペティション「一つの戯曲からの創作をとおして語ろう」vol.5最優秀作品賞受賞(福岡市文化芸術振興財団、2015)。
2018年より京都木屋町三条の多角的アートスペース・UrBANGUILDのブッキングスタッフ。2019年より地図にまつわるリサーチプロジェクト「わたしたちのフリーハンドなアトラス」始動。2021年度セゾン文化財団セゾン・フェローI。
photo: Yuki Moriya


長洲仁美|NAGASU Hitomi
茨城県出身。京都造形芸術大学映像舞台芸術学科映像芸術コース卒業。
卒業後に、dracom、大橋可也&ダンサーズ、Marcelo Evelin、したため等の作品に出演。

池田 萠|IKEDA Moe
作曲家。1986年石川県生まれ、大阪府在住。愛知県立芸術大学卒業。IAMAS(情報科学芸術大学院大学)修了。「第33回現音作曲新人賞」入選(日本現代音楽協会、2016)。主な作品に「演奏家の選択」のルールに従ってその場で音楽を生成する「選択音楽」シリーズなど。

備考

主催
東京コンサーツ 〈文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業〉
助成
公益財団法人 セゾン文化財団 *和田ながらに対して

*本公演は新型コロナウイルス感染予防、拡散防止への対応策を徹底した上で実施いたします。


TOP